メニュー
ここにタグライン・キャッチコピーなどを入れてください。
神屋宗湛日記 筒井紘一 最安値,新品

神屋宗湛日記 筒井紘一 最安値,新品

品番: KZpMr-0969784473043351

≪商品情報≫著者名:筒井紘一出版社名:淡交社発行年月:2020年10月判型:A5ISBN:9784473043351≪内容情報≫〈劉家本『神屋宗湛日記』日記・献立・見聞書の全貌がいま明らかに〉 〈秀吉の九州平定・文禄の役の時代に博多の商人が見た諸大名の茶会記録〉 茶書とは、茶の湯を専門的に扱った書物...
11,000円  8,800円割引: 20%OFF

アイテム説明

≪商品情報≫
著者名:筒井紘一
出版社名:淡交社
発行年月:2020年10月
判型:A5
ISBN:9784473043351
≪内容情報≫
〈劉家本『神屋宗湛日記』日記・献立・見聞書の全貌がいま明らかに〉
〈秀吉の九州平定・文禄の役の時代に博多の商人が見た諸大名の茶会記録〉
茶書とは、茶の湯を専門的に扱った書物のこと。
江戸時代末までに日本及び中国で書かれた茶書約140件の原文を収録する『茶 書古典集成』全17巻シリーズ。2回めにお届けするのは、シリーズ5の「神屋宗湛日記」。
今回は、博多の劉家に長く秘蔵され ていた『神屋宗湛日記』の「神屋宗湛日記」二冊、「神屋宗湛日記献立」二冊、「宗湛慶長元和日記并献立」一冊、「宗湛日記 見聞書」一冊、計六冊を底本とします。
天正の九州平定と文禄の役の時代の、京都、堺、博多の茶会(人物、道具、点前、懐石) の様相がつぶさにわかります。人物と道具、懐石の詳細な注釈と索引付き。宗湛の日記、献立、見聞書をあわせた、初の翻刻 です。